« 天国と地獄 | トップページ | たたみかける困難 »

2012.07.24

同じ月を見ている

山口県 美祢町 道の駅 ほど近く


小学校の臨時駐車場の グラウンドから出発


広島方面


途中


今日は


海沿いではなく


山の中を走ります


朝の山道の


ひんやりした空気が気持ちいい


快適なスピードで


走り続けます


広島県に入り


原爆ドームへ向かいます


広島は


かなり都会


交通量が多く


僕のバイクには きつい


やっとの思いで


平和記念公園につきます


Img_0141_2




さらに奥


原爆ドーム


Img_0183




まわりを


近代的なビルに囲まれながら


今後も


ランドマークとして


ずっと


これは ここに ありつづけるんでしょうね


ベンチに座り


しばらく見ていると


なんだか


ここに 核爆弾が落ちてきて


まわりが 焼け野原になり


人が


夢が


希望が


未来が


一瞬で


吹き飛んでしまった


それが フィクションの世界ではなく


この場で リアルに起こったことだと


思うと


僕は 受け止められない


この場にいることが


苦しくなってくるので


その場を はなれ


公園のベンチに座り


四国までのルートを確認しようと


マップルを広げます


しばらくすると


女性が話しかけてきた


女性:「似顔絵描いても 良いですか?」


ぼ:いいですよ


女性は 僕の似顔絵を描く


僕は マップルを見る


この不思議な構図が


数分続き


絵を描きながら


彼女と会話


名前をMayaさんといい


武蔵野美術大学卒


この前まで東京にいたらしい


絵も仕上がります


Img_0244_2





素敵な方です


まつたかこ似です


絵もうまいです


隣のベンチに座っていた


おじさんも 見ていたらしく


絶賛


せっかくなので


本人も

Img_0252_2





この後


ベンチに座り


しゃべり続けること


数時間


今日は四国に入ろうかと思っていましたが


こういう いい イレギュラーはおもしろい


タイミングが会わなかったら


話しかけて貰わなかったら


違うベンチに座っていたら


会話することも


なかったかも 知れませんね


僕は


出会う人


みんな


恵まれている


人と比べるものでは


ないけれど


やっぱり


他と比べて


恵まれている


ポケットに磁石でも入っている気さえ


思う


旅も終盤


誰かに出会う様に


自分でしむけることなく


ただ


直感で進んだ先に


こういうことがあることが


またまた


おもしろく


最後まで


このやり方は 続けよう


僕の いままで


出会った人たち


そうではない人たち


これから 出会う人たち


みんな


それぞれ 違うけれど


今日も


同じ月を見ている

Img_0063

|

« 天国と地獄 | トップページ | たたみかける困難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626710/46449766

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ月を見ている:

« 天国と地獄 | トップページ | たたみかける困難 »