« 隣人はひそかに笑う | トップページ | 花鳥風月 »

2012.07.07

青天霹靂

早朝


MSRが強風でバタバタしてます


あまりにも 音が大きいので目が覚めます


ここは 石川県 道の駅


天気予報を見ると


これから行く先は 雨 雨 雨


今日も 明日も 明後日も



出発決めます


雨もしんどいですが


これもまた いいんです


さっそうと 出ます


天気とは 反対に


足元は軽やか


石川県 金沢方面に向かって ハンドルを握ります


数十キロ走って


いままでの軽やかさが急変します


重い


ちょうど、ガソリンスタンドがあったので


入ります


バイクおります


下 みます


まわりをみます


下 みます


タイヤがしぼんでます


はい?


空気圧はゼロです


夢?


現実です


パンクです


R9230174

外は雨


右も左も知らない土地


考えれば 考える程


怖い事態ですが


こんなことで 悩んでいたら


この先 進めない


結局


孤独感や絶望感を怖いと感じる自分がいて


こいつが 厄介ですが


こいつには まけない


ここも 乗り越えていきましょう


現状 四面楚歌ですか


とりあえず ガソリン入れときます


なんか この状況に笑えています


近くのおっちゃんに話しかけ


直してくれそうな所を聞きます


1キロ程先にあるそう


いいね


人里離れたところでなくて よかった


僕はやっぱり こういう運はいい


インパルス 緊急入院です


石川県のバイク屋さんに お世話になります


R9230177

キズを見ると


ガラス片か金属片のどちらかの様なキズ


クギとかならまだよかったのに


外側から直すには キズが大きすぎるので


ホイールを外し


内側からシールドすることに


このおっちゃんの腕がよくて本当によかった


作業を終了し


写真をお願いしましたが 照れるからだめだって。。


この後 小一時間談話し


再度出発


僕がパンクしなければ 話すきっかけは なかったんでしょう


極論ですが


もしパンクしなければ


この先で事故に巻き込まれていたかも


もっと別のなにか 悪いことが起きていたかも


はたまた いいことがあったかも


やっぱり 自分で決めれるか


そうではないかは別にして


数多の選択肢が用意されていて


どんな結末になるのかも分からず


ただ その瞬間で


一つだけを選ばなければならない


選ばないことも


選択肢の一つになっていて


どちらにしても


選んでいかなければならなくなる


なにが言いたいのかというと


選ぶ時点では


それが正解か不正解なんてわからなくて


そもそも そのシステムに善し悪しの基準がなく


あいまいで


結末に対して


良いも悪いも 判断できる基準もないわけなので


複数の選択肢を迫られたとき


正解か不正解だけで 区別していくことは難しい


誰が考えたシステムだか分かりませんが


よくできています


いろいろな取捨選択をした最期に


なにが 待っているのでしょうか


何十年後かに わかる時がきますね


とりあえず 雨がどしゃぶりなので


まわりを見ている余裕はありません


金沢を抜け


福井県に入ります


前職でお世話になった 懐かしい人たちがいました


僕は今は 同じまとまりには 属していないけれど


なぜか いまも 当時のままの空気と変わらず


接していただきまして


とても うれしく思いました


敦賀では ヨーロッパ軒というお店に行こうとしましたが


オーダー打ち切り


閉店です


別のお店で夕ご飯食べます


両方 大盛りにして下さい


結果


うまいっす

R9230178_2

日中は


パンクと雨で


ごはんを食べていなかったので


この幸福感は 半端じゃない


こういうの自動で


好きなときに


好きなだけ


出てくる機械はないか


僕が辞めたのは


つい最近の話ですが


会話をしていくと


かなり昔の話の様な気持ちになる


やっぱり 懐かしいという感覚は良い


本日 福井県


雨が完全に防げるここで


入社してから 一度もくることの無かったここで


テントを張り ビバーク


R9230180

|

« 隣人はひそかに笑う | トップページ | 花鳥風月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626710/46235937

この記事へのトラックバック一覧です: 青天霹靂:

« 隣人はひそかに笑う | トップページ | 花鳥風月 »