« 威風堂々 | トップページ | その道の先に »

2012.07.30

意味がわかる

目が覚めると


ここは 和歌山県


もう テントをたたむのにも


ずいぶんなれた


毎朝 思いますが


自分がこうして 知らないところで 朝をむかえ


走っている


不思議です


これは 僕が思っていた 日常の世界ではなく


非日常


出発前は ほぼ 毎日考えます


まずは 紀伊半島をまわろうかと思ったんですが


熊野古道の標識を見つけたので


和歌山県でも 山の中を走ります


熊野古道


名前の時点でいい


Img_1128



やっぱり 都市部を走るより


空気が違い


日差しがつよいですが


ひんやりする


奈良県と三重県と和歌山県の県境を走ります


こういう風景は いままで 何度も ありましたが


やっぱり いい


ガードレールがないほうが いいですが


これは 仕方ない


人の手が入っていないところもあり


わき水で 汗を拭うと


気持ちがいい


熊野古道には バイクは走れないみたいなので


すこし みるだけ


山道を走ると


風景が開けます


Img_1179


やっぱり


風光明媚なところだけを行くのではなく


普段からある 景色でも


充分に すばらしい


Img_1217

ただ 僕は コンクリートジャングルも好き


三重県を北上し


目指すは 名古屋


途中 国道23号線の信号で止まっているとき


ライダーに 話しかけられます


国道沿いのコンビニで


すこし 話をします


この方は 僕と同じようなことを したいらしく


話しかけたそう


僕も やるんであれば 応援するし


やらなくてもいいと言いました


これは かなり本音で


やっぱり 日本一周って響きがいいですが


僕が思うに 誇れるものでもないし


かっこいいものでもない


僕は この旅を通して 劇的に 人生観や世界観が


変わるとは 思えなくて


やっぱり 根底にあるものは


人生が本当に一度しかないのであれば


やりたいと思うことは やったほうがいい


それだけ


この旅が きっかけで


この先 僕に どん底人生がまっていたとしても


結局 旅なんて そもそも関係なくて


僕は それだけの男だった


ただ それだけだと思う


おすすめはしないけれど


無駄だとも 思わない


そんな 僕の 体験談を交えて


僕が 思うところを 話させてもらいました


R9230296

名古屋ライダー タカダさん


コーラ ごちそうさまでした


今日は 名古屋


ヒデくんの家に おじゃまします


R9230301


なんだか 最近 ある名言の意味がわかったきがする



      
       

この道を行けばどうなるものか


危ぶむなかれ



危ぶめば道はなし



踏み出せばその一足が道となる。



迷わず行けよ


行けばわかるさ        

       

アントニオ猪木       

      
   

|

« 威風堂々 | トップページ | その道の先に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626710/46534076

この記事へのトラックバック一覧です: 意味がわかる:

« 威風堂々 | トップページ | その道の先に »