« また会うその日まで | トップページ | 天国と地獄 »

2012.07.22

地図上の土地

熊本県 道の駅 きくすい にて


起きます


基本 僕は 毎日 お風呂には入りたいので


入浴施設付きの 道の駅は ありがたい


ここ きくすい も そうです


設営した テントをたたんでいると


おばちゃんが話しかけてきます


おばちゃん:「床ば 固いけど 寝れたとですか?」


ぼく:あ 寝れました


おばちゃん:どちらからきたとですか?


ぼく:I'm from Canada...


sorry... Nagano


沖縄の熱が


まだのこってました


おばちゃん:!!


おばちゃん:へぇー どこにあると?


ぼく:群馬のとなり


おばちゃん:・・・


マップルにて説明します


おばちゃんは家に帰って長野から来た人がいたよって


話したいらしく、去って行きました


おばちゃんは去り際に


Good luck!!と


ぼく:!!


はい


最後のは


うそです


天気はくもり


晴れなどあり得ないって言いたいくらいの


くもり


もはや


天気は関係なく


成り行きに身を任せ


走りましょう


晴れの日だけ走っていては


晴れの日のありがたさがわからない


熊本を出発し


九州を北上


佐賀県に入ります


今日の目的地は ただ一つ


走ります


あつい


今日はアイスをいくつ食べたんでしょうか


ポケットに詰め込んで 走りたいくらい


佐賀市内を走り


長崎県に入ります


全国を走っていて 思うんですが


日本をほとんど知らない僕は


机上で平面の情報しかなく


点と線で囲われた


無機質な


情報しかない


実際にいってみると そこには


地図では わからない情報がある


そこの景色や色や地形は


Googleやディスプレイ上で


見ることができますが


自分の目と 耳と 鼻と 頭で感じれる


情報量が一番多い


ディスプレイ上より


自分の目の広角感が加わり


これもまた 違う様に見える


カメラのファインダー越しと


肉眼も 違う


たぶん 自分の目でみることが


一番 いい


そう 思います


長崎県に入り


目的地に近づく


この感覚がいい


手をのばせば すぐに行けるところではなく


ここまでの 道のりを考えると


また より わくわくします


つきます


Img_0014



ノルマだとか


寄らなければ いけないとか


そういうことは 決めていませんが


最北端 北海道 稚内市 宗谷岬
最東端 北海道 根室市 納沙布岬
最南端 鹿児島県 佐多町 佐多岬
そして
最西端 長崎県 佐世保市 神崎鼻


厳密にいうと
民間人の到達でき、有人島は
北 宗谷岬
東 納沙布岬
南 波照間島
西 与那国島


だそうですが


陸路でなおかつ自走で行けるところは


ここ神崎鼻


これで 4つまわることができたので


ここまで 連れてきてくれた


僕のパートナーに感謝


帰るまで よろしく


ここでもまた


Img_9990

ここに来るときに にわか雨がありましたが


到着するころには


晴れ


まだまだ 知らない所はたくさんある


目的は 無事達成できたので


今日の テントの設営場所を探しますか


もう一度 佐賀県に入ります


明日は おそらく 本州に入っているので


今日が 九州最後


そんなことを考えていると


ホテルの文字が浮かびます


自分の頭の中で


道の駅を見つけるか


ホテルを見つけるか


先に見つけた方に


いこう


佐賀県に戻り


伊万里を目指します


途中


Img_0033

千枚田の様な景色が広がります


計算しているのか


していないのか 分からないけれど


こういう 流線型の 混ざった感じは


とても きれいで すきです


伊万里に入ります


あった


ホテル


はい


決定


ホテルの中に入ると


従業員の方々が迎えてくれます


とても 雰囲気がよい人たちで


話がおもしろい


写真を撮らせいていただきました


Img_0060




ぼくも


せっかくなので


はいります


Img_0062

すいません


仕事中なのに


僕が話し過ぎましたね


毎日 思うことがあって


何度も ログに綴っていますが


やっぱり


僕がこういうことをしなければ


話さなかったであろう 人たち


地図やディスプレイ上では


わからないこと


その地で暮らしている人たち


直感で 選んだ道の先にこういう出会いがあることが


おもしろい


毎日 頭に浮かんでくる言葉は


合縁奇縁


本日 伊万里グランドホテルにお世話になります


やっぱり 世界は広くて


60億のひとのそれぞれの選択肢があって


とんでもない 量の組み合わせがあって


たまたま 一致する所があったから


話すことができる


これは


おもしろいですね


やっぱり 世界は 無限だ

|

« また会うその日まで | トップページ | 天国と地獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626710/46422035

この記事へのトラックバック一覧です: 地図上の土地:

« また会うその日まで | トップページ | 天国と地獄 »