« 以心伝心 | トップページ | 青天霹靂 »

2012.07.06

隣人はひそかに笑う



昨日の夜はすこし怖かった





ログを書いたあと





寝ようとします





ビバークした 道の駅には人気がなく





夜は暗く





物音はない





しばらくテントの中でぼーっとしていると





何か気配する





というか





誰かいるな





その誰かは こっちに気づいているのが わかる





足音がしたり





しなかったり





実はこういうことは何度かあって





実際に なにかされたことはないけれど





よくよく考えると 全く安全だとは言えないので





一応 心積もりはしています





近くにあった自動販売機の人センサーが





反応します





ビンゴです





はい





いました





ひと





黙ってこっちをみていたってことか





どんな顔をして





どんな目をして





こういう 沈黙の思考のようなものが





一番怖い





結局 霊的なものだとか





怪奇現象の類いよりも





生きている人間が一番怖い





たぶんそれは





同じ人間ならば 客観的に自分と置き換えて考えることができるから





だと思う





時々 自分で自分の頭の中が 怖いと思うことがある





たぶんそれを 置き換えて 想像しているから 怖く感じる





心霊的なものや 怪奇現象の類いは





僕の頭では 置き換えて考えることができない





全く未知の領域なので 頭がついてこないから





「それ」以上はいかない





やっぱり 考えることで 拍車が掛かり





すこしのきっかけから 大きな恐怖に化けている気がする





脳って不思議





脳からしてみれば





自分を不思議を思っていることが





不思議なんです





ここで新たな疑問が



さっきのは 


そもそも ほんとうに ひと だったんでしょうか・・





話はもどりますが





道の駅





ただ





僕が気づいた別の人かモノからしてみれば





僕も充分 不審者なので





仕方ない





考えても仕方のないことなので





向こうが消そうとしてきたら





逆に消してやる





ということで





鳥のさえずりで目が覚めます





そこは 昨日の状況とは違って平和





いまにも 泣き出しそうな空





とりあえず 出発





能登半島海岸線走ります





Img_7695



晴天ではないのが 残念ですが





この天気でも いい景色





Img_7699



曇りだと 朝日も夕日もあまり見ることの出来ないことが





ちょっと残念





ただ すばらしい





岩場におりて





草むらと歩きます





すると





カニが道を塞いでいます





いや 通れないんですけど・・





カニは自慢のハサミを出してきて





あわをふいています





こっちを威嚇してます





道をゆずるつもりはないようなので





僕は グーをだします





勝負は一瞬で着きます





カニ退散





カニはこれから先





どんなに努力しても





越えることの出来ない壁にあたりましたね





カニに勝ったところで一枚





Img_7707





今まで海沿いを結構走ってきましたが





ここは本当にきれいなところです




Img_7718



この後





ひたすら 海沿いを走り




輪島につきます





教えて頂いた朝市・向かいます





おばちゃんに絡まれます





まるで機関銃





思いのほか長く話してしまったので





雨がぽつぽつ





空が泣き出します





バイクにまたがり




走り出します





走りながら思った





この旅でいろいろな人に出会いましたが





言われることに共通点がある





よく「根性」があるっていわれる





はたから見ていればそう写るかも知れませんが





実際のところはすこし違って





僕は根性とか





忍耐力とか





そういうものは 持ち合わせていないので





リアクションに困ります





ストイックさなんて僕にはいらなくて





ある程度の遊びがあるほうが おもしろいし





到達点が同じなら なおさら



ストイックに行くよりも



遊びの余白を使いながら 進んで行く方が





僕にはあっていると思う



しかも 遊びだから




イレギュラーに対応していくことも おもしろく





なにか頭に意識の出来ないなにか





ゆとりの部分ができて




フレキシブルに対応できる気がする





そして おもしろいから モチベーションもあがる




そんなこと考えながら





ハンドル握ります





雨が いたい





なにか 刺さってくる感触です





雨脚も強くなってきたので





本日 石川県 志賀の道の駅へ





入浴施設 スーパーがあって





24時間の休憩所もあって





ぬるま湯に浸かっていきたい僕には うってつけ





ここなら





雨 風 ふせげます





本日 ここで ビバーク



明日も雨 明日のことは



目が覚めてから



かんがえます

|

« 以心伝心 | トップページ | 青天霹靂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626710/46221439

この記事へのトラックバック一覧です: 隣人はひそかに笑う:

« 以心伝心 | トップページ | 青天霹靂 »