« 理想と現実 | トップページ | 言葉の見る夢 »

2012.07.11

蝉時雨

蒸し上がる


昨日は 熱帯夜を越えてました


テントを設置した場所がアスファルトの上で


昼間溜め込んだ熱が


夜吐き出され


暑い


ここは 大分県 院内


九州の週間予報を見ると


しばらく天気が悪い


どうせなら


天気が良い時の方がいいので


ルート変更


晴れている 沖縄に向かおうと思います


鹿児島からフェリーが出ているので


鹿児島方面


大分県より出発です


空を見ると


怪しい雲ですが


大分県の山道を走ります


昨日のログでも書きましたが


かなり自然が残っている場所で


Img_8086


山林道に入ると


匂いや冷えた空気がいい


蝉の鳴き声もきこえてきて


もう 夏なんですね


山道を抜け


市街地にある


コインランドリーにて


洗濯します


一度着た服たちが


リセットする感覚がいい


いままで


あって当たり前だった洗濯機が


ありがたい


普段 感じなかったことの一つです


洗濯を待っていると


外は 晴れ


予報では80%だったのに


まさかの晴れ


おいおい


でも これは良い予想外なので いいですね


宮崎県に入り


走ります


市街地を抜け


南国っぽい景色に変化します


Img_8094



ここは 青島周辺


晴れていれば すごい景観ですが


今日は あいにく


Img_8127

鬼の洗濯板です


これは 僕でも 名前くらい知ってました


この先の


道の駅 フェニックスで写真を撮りたかったので


近くに女子学生のお二人がいます


シャッターをお願いします


撮った写真は


あれ


木がうつった



いいっすかね


ありがとうございました


Img_8117


今の様なことをしていると


旅の話になり


よく 動機を聞かれる


これが こまる


特に僕は 明確な理由がないのと


人に説明する様にうまく言えないのとがあって


やっかいですね


いわゆる ベタで もっともらしいことを言ってしまえば


その場はすんなり行くのかも知れないけれど


それは 本心じゃないのと


言いたくない


というか 日本一周していることが


かっこいいとも 思っていないし


誇るものでもない


そう思います


変な人だと


「自分もやった」といい


まるで 登竜門の様に語る


それは自分の中で成立しているからいいけれど


人の意見を強要してくる「くせ」の様なものを


持っている人がいて


すこし 考えさせられました


というか 僕にとっては


日本のどこかへ観光しに行っている人たちと同じ


ただ違うことは


僕はたまたま 連続していて


その人たちは


飛び石なだけ


線引きはないんです


結局 そんなに 大きくスポットを浴びるほどの


ことではなく 偉くなんてないんです


すいません


すこし 愚痴っぽくなりました。。


九州は 雨


予報が今日は 的外れ


実は そこには 心当たりがあって


昨日


ある人とメッセージのやりとりとした時に


九州 天気が持ってくれれば 良いね


そんな一言もあり


本日 80%をくつがえし


雨 降らず


ありがとう おかげさまで このとおり


基本 一人の時間が絶対的に多いので


大事なものと


そうではなかったものの


輪郭が徐々にできあがりつつ


あるんだと思います


大事なものは もっと大事になる


そんなことを想いながら


本日 鹿児島県にて ビバーク


Img_8132

|

« 理想と現実 | トップページ | 言葉の見る夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626710/46292334

この記事へのトラックバック一覧です: 蝉時雨:

« 理想と現実 | トップページ | 言葉の見る夢 »