« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年8月

2012.08.24

それでも 人は 高い所を目指すんです

いつもの様に

家探し と あれこれ

SUUMO と Facebookをやっていると

お?

お!!

沖縄県 那覇市で知り合った 東京発チャリダーさんが

長野県に入っているらしい

僕の実家から30分くらいの距離

今日は 別の用事があったんですが

いくか

長野県 上田市

散歩くらいの距離

駅前につくと

見慣れた チャリ止まってます

そして



Img_4679



一瞬沖縄にいるかと思った この感覚は不思議

まわりの方は この奇妙な二人のおっさんをどう見ていたんでしょうか

Img_4660



猿舘さん(僕が出会った 6人目 日本一周の方)と

相棒の GIANT GREAT JOURNEY

猿さんは 相変わらず 謎の帽子をかぶっていた



Img_4667



短パンって 普通に履いてたら こうなるんですか・・

この相棒と猿さん ここまで 日本半周を走破し

文字通り 猿さんは自分の足で ここまできた

なんだか かっこよくみえた

暑い日も

寒い日も

雨の日も

この人も 知らない土地を走り続けて ここまで きたんですね

たぶん やった本人でないと分からない大変さが あるんでしょうね

移動手段が違った僕も たぶん 自転車の大変さは

わからないと思う

走っている場面を想像すると かなり過酷

意味がわからないって言う人もいるかと思いますが

日本一周をすることが いい訳ではなくて

何かに挑戦している人をみるのは いい

場面は違えど

それでも 人は 高い所を目指すんですね

僕もそうですが

この先 この経験が 役に立つのか

そうではないのか は わからないけど

思い出に残ることと

知り合いが出来たことは

間違いないことなので

やっぱり やってよかったと思う

そして この時代でよかった

PCの電源を入れると

画面の向こう側では 世界が広がっている

20120824_235456





この時代でなければ

知り合った人たちが

つながることはなかったかもしれないし

遠くはなれた人たちと

昔の友人とも

情報を共有できる

良くも悪くも インターネットが 間違いなく

世界を近くしたんですね

話は脱線しましたが

猿さん。

良い旅を!!!!!

Img_4678_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.20

仏の顔も四度まで

「こぼしたミルクを嘆いても無駄」


そんな言葉を 読書の最中 思い出した


本を読むことは 活字を追いかけることで


その活字を頭の中で 色々 映像に変えながら やるものですが


思い出したその言葉のせいで


意識は 別のところに飛んでいて


なぜか いままでの ここ最近 数年間のこと 考えてました


そう こんなことがあった


あんなことがあった


誰もが たまに考える あれです


最初に言っておきますが


これから書く事は 自慢話に聞こえるかも知れませんが


そうではないです


社会人になって 特に


精神面で


打たれ強いだとか


心臓に毛が生えてるとか


色々言われてきました


いわゆる 先天的なやつ みたいな感じで思われていたかも知れませんが


たぶん それは 違っていて


探せば どこかに 先天的な楽天家は いるかも知れませんが


僕は むしろ 後付けの方の部類で


誰かに教えてもらったのか わかりませんが


なんでそうなのか 説明が出来るので


後天的な方


そもそも 先天的な人なんていなくて みんな後天的だとすれば


僕がいままで 生きて来て 出会った いわゆる強い人達は


いわば 補強している人達で


日々 起こることや 思うことを


日々 解釈して 解決している訳で


そんなこと 知らないの?って言われそうですが


僕は いま 気がつきました


考えることは 好きなんですが


旅行をしていた時も


他のことを考える機会が多く


実を言うと あまり自分自身のことを考える 機会は


そんなに多くなかったので


これを機会に考えました


技術職の人は 特に強く思っている気がしますが


自分が世界一


一見 傲慢な感じに聞こえますが


これはかなり僕の中では 大事なことで


これがないと気持ちの面で 成立しない部分があります


ですが 同時に 上には上がいるって気持ちもあって


一見 謙虚な感じに聞こえますが


これも 事実


現実には こっちの方が 思うことが多い


ただ なにかをやろうとした時に


こっちの 謙虚な方は あまり 考える必要はないと思っていて


自信は持った方がいいとは思いますが


自分本意の考えが過ぎるのも どうかと思っていて


自信=自分本意の考えを押す


では ない


たぶん 昔は特に この考えが強かったんだと 自分でも思う


昔あった 色々なことを 考えると自分本意の場面が多かったと思うし


反省しなければ いけないことも 多い


いままでの 色々な人に会って 色々な事を考えて


多くのモノが積み上がって


この結論になったと思うので


後悔はしていませんが 反省はあります


いま こういうことに気がついたことは


これからに つなげていこうと思います


いいことなのか


そうではなかったか


別にして 結局 周りから教えてもらうことは 多い


面白さゼロで 今回は お送りしましたが。。


最後まで 読んでくれた方は ありがとうございます


かっこつけてたら ダメね


「何かを学ぶ為には 自分で体験する他に いい方法はない」


アインシュタインの言葉ですが


これ 本当ですね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.15

それでも地球は まわっている

二周目いきますーーーーー!!



うそです。



いきません。



完走から早いもので 一週間



なんか かなり 疲れていたのか わかりませんが



ほぼ 寝てました。。


というか


61日間 体調が悪かった日は ほぼなかったのです



なんとかなるレベルは 何度かありましたが・・


これには 自分でも びっくりしました


親に 感謝ですね


このまま永眠している訳にもいかないので


次のことに 動こうと思います


やっぱり 故郷の長野県に ずっといることはせず


当初から 思っていた 東京に 再度行こうと思います


やっぱり せかせかした所の方が


僕には 合っているみたい


やり残したことも たくさんある 土地なので


いきます


寝ている間に 思ったんですが


僕が 寝ようが 遊ぼうが


食べようが 話そうが


落ち込もうが


喜ぼうが


何しようが


それでも地球は まわっているので


生きている間に


もっと


もっと


動いて


色々なことを体験したり


見たりしたいので


あの 超過密都市へ再度



大きな流れから 出た平々凡々な人間が



この後 どうなるのか


どうなっちゃうのか


ログは その後も 不定期に更新していきますので


時間のある方は


のぞいて行ってくださいー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.08

全行程 1万4000キロの 果てに

20120807_212506


旅行期間:61日


総移動距離:13962 km


自走走行距離:12247 km


給油回数:121回


撮った写真:6668枚


撮った動画:95カット


延べ動画時間:10355秒(2時間52分35秒)


事故数:0回


転倒数:1回(立ちゴケ)


違反数:0回


出会った日本一周をしてる人:9人


声をかけて頂いた人:多数


応援してくれた方々:多数


バカにしてきた方々:数人


旅先でお世話になった人:多数


笑えた場面:多数


熊に襲われた数:0回


道に迷った回数:多数


パンクした回数:2回


心が折れそうになった回数:2回


心が折れた回数:0回


不安を感じた回数:毎日


支えてもらった回数:多数


全てを投げ出して飛行機で帰ってやろうと思った回数:0回


スタバに行った回数:多数


なんとかなった場面:多数


なんとかならなかった場面:0回


選ぼうとした選択肢の数:無限


一生の


36500日のうち 61日


寒い日も


暑い日も


晴天の日も


曇りの日も


雨の日も


走り続けました


いくつもの


景色や


場面が


移り変わり


通り過ぎ


道程は


暮らしてきた所から


遥か


遠い 遠い


土地を走り続け


ようやく


到達


道は


どこまでも


どこにでも


つながっていました


いままで 体験してきた


どんな 61日よりも


長い


61日


たぶん 相対性とは こういうことなんでしょうか


Img_2385

これまで 何も言わず


ついてきてくれた


全国のいろいろなところへ


連れて行ってくれた


こいつ に 感謝


あの


来る日も


来る日も


走り続けることは


もう


ないけれど


お疲れ


楽しかった


楽しかったよなぁ


最初は 全国各地で


知っている人は ほとんどいませんでしたが


いまは


全国各地で


知っている人たちが たくさんいる


本当に


数多の人たちに お世話になり


いま こうして


キーボードを 打てています


ありがとうございました


いろいろなひとたち


旅で出会った人たち


旅の前に出会った人たち


すべての人のおかげで


無事


生還できました


ありがとうございました


この61日間に起こったことは


いろいろな ピンチ 心折れそうな場面


いろいろな 楽しい場面


いろいろな 人と出会えたこと


大事な人や モノに 気づかされてくれたことは


生涯


忘れることは


ないでしょう


人を傷つけるのも 人ならば


人を救うのも また 人でした


これから 先 いろいろお世話になる方たち


これから 先 出会う人たち


どうぞ 宜しくお願いします


残りの 人生 どんな場面が用意されていて


苦悩 困難 歓喜 幸福


たのしみだ


次は どんな場所で 何をしようか


ひとまず


僕の


世界から見たら


小さな 小さな 旅の道程でしたが


GO!! NIPPON!!!! 日本一周の旅。


様々な人たちに支えられ 完走です!!



Img_2407



これで 僕の バイクでの 日本一周の旅は 終了ですが



これから 別のやりかたでも



別の場面でも



旅の様に 進んで行く そんな感じなんだと思います



みちくさ というところから 始まったこの旅



ただの みちくさ で とどまらず



そこには 不思議で 素敵な 体験をすることが 出来ました



ログを 見てくれていた方 ありがとうございました



それでは



みなさん



ご縁が ありましたら



また 日本のどこかで お会いしましょう

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.08.07

百聞一見

今日が この旅で 一番大切な日


ここは 群馬県


とりあえず


2ヶ月前と同じことでもしますか


Img_2293

あれ


一人だけ 盆踊りをしている人がいたので


Img_2294

あれ


真ん中の人の タイミングが違う



いっか


Img_2301

あれ


なんか


僕より きまってる


もう


この夫婦が 日本一周してきた


ってことにしようか


すべては


ここをでて


東北を北上する所から 始まった


今日は 違い


1日目に来た道を 戻る


僕は あまり 来た道を戻ることは


好きではないんですが


これは 特別


約2ヶ月前に ここをでて


わからない土地を走り


色々な風景や


色々な人を出会った


その前の自分と


いまの自分は


何か変わっているのでしょうか


自分の中で 劇的に


世界観や価値観が変わったということは


ないけれど


いままでの生活が 環境が


とても ありがたいと いうことは


思った


基本は テントを設営して 寝ていたので


冷たく 固い 地面で寝ることもあれば


暖かく 柔らかい ベットで寝ることもある


冷めた ご飯を 一人で食べることもあれば


暖かい ご飯を 誰かと食べるときもある


雨の日に 走ることもあれば


晴れの日に 走ることもある


すれ違い様に バカにする人もいれば


応援してくれる 人もいる


冷たい 水道で 体を洗う時もあれば


暖かい 温泉に 入れる時もある


遠く 離れた所から 僕の動向をみて メッセージをくれる人もいる


仕事が忙しくて 疲れていて


人の心配なんてしている場合じゃないのに


心配してくれる人もいる


ブログには書いていませんが


正直に言うと


怖い思いをしたことはあった


うれしいこともあった


落ち込むこともあった


たぶん 一期一会の出会いもあったと思う


人のありがたさを考えるときも あった


人の残酷さを考えるときも あった


いままで 生きてきて もっとも 非日常で


人に 是が非でも おすすめ できるものでは ないですが


僕は 行って よかったと思います


やっぱり 人生は どこで


どうなるか わからない


僕が 見えなかった道を 見ることが出来たのかは


わからないけれども


見えなかった道を見る為には


自分をコントロールできない状況にして


とりあえず 飛び込んでみる


そこには 見たことのない 景色が広がり


会ったことの


会話したことの無い


人たちと 会話する機会があり


少なからず


ほんの少しですが


僕の知ってる世界よりは


少しだけ 世界は広がった


そう 思います


この旅は


出たとこ勝負で 進んだ この旅は


どこの旅行会社でも 売っていない


直感で 選んだ 道の先には


いろいろなひとたちが 待っていました


やっぱり 世界は無限で


無限の選択肢を 選び進んできた人たちと


出会う機会があり


こうなることが 最初から あらかじめ


決まっているんじゃないかと 思う程


なにか 因果性があって


不思議なモノに包まれ


出会う機会をもらったのかも 知れない


その辺りの 答えは 僕には 永久に わかりませんが


僕の 通ってきた道は


世界からすれば ほんの わずかな 小さい道ですが


この 小さい道で


いろいろな人や


いろいろな風景を 見ることが出来たということは


やっぱり 世界は広い


そして 人生は なんとかなる


根拠はないけれど


なぜか 自信はあって


世の中から してみれば


大きな流れから 外れた人 なのかも知れないけど


この 外れる 一歩


いいことなのか そうではないのか 分からないけれど


踏み出す一歩が 少なからず 勇気がいることで


後々 考えると なんの意味もなく


これをきっかけに 転落人生がスタートしていたとしても


やっぱり 僕は これでいいと思う


ひとが 頭で 考えるより 楽じゃなかった


やっぱり 自分の体で 体験することができて よかった


人生が2回あったら またやりたいと思う


人生が1回だけなら もうやることはないと思う


転落人生が待っていたとしたら


それは 旅とは 関係なく 結局 それだけの人間だったと


そう 思う


旅が終わったら


モチベーションの方向を 変えてやるだけ


さぁ


あとは


場所を変えて また やってやりますか


いままで 旅を通して 出会った方々


旅に出る前に 出会った方々


全国各地で


色々と


大変 お世話になりました


また ご縁があれば どこかで


お会いましょう


千里の道も 一歩から


行動が 苦悩からの解放


まずは 一歩


行けばわかるさ


さぁ


見えてきましたよ


この旅の


出発地点であり


最終地点


長野県


Img_2362

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.06

五体満足

もうテントの設営は なしか


そんなことを思って起きた朝


ここは 鴻野さん宅


昨日は 焼き肉をごちそうになり


すいません


うまかったです


ありがとうございました


Img_2228


鴻野さんの奥さんは


用事にいってしまった


先に 一緒に 写真をお願いすればよかった


鴻野さん一家 お世話になりました


ひろくんは かわいいな


出発前になると


雨が降り出してきた


なかなか 最後のあたりになっても


思う様に ならない



いっか


パタゴニアのハードシェルも


これで 見納めになる


雨具に着替え


埼玉を後にします


途中


雨足が強くなります


パタゴニアのハードシェルも


ゴアテックスのブーツも


あまり


効力を発揮しません


普段では 考えられないくらいの頻度で


着ていたので もうダメか


最後のへんまで


よく お付き合い いただきました


僕の変わりに


外の外気や


雨と


来る日も 来る日も 戦ってくれました


ありがとう


埼玉県を抜け


栃木県に入ると


雨は止みます


ここまで くれば 地図はいらない


Img_2249


国道50号線


この道を 何回 通ったことでしょうか


ということは


マップルも もう


見納めです


ボロボロになったマップルも


よく ここまで


最後の最後まで


お付き合い いただきました


そんなことを考えていると


予想はしませんでしたが


すこしだけ


本当はあまり ないと思っていましたが


こみ上げてくるものがありました


当たり前ですが


知らない道ばかり


通ってきたので


知っている道を通る感覚は いい


やっぱり


道は


どこにでも


どんなところにも


どんな場所にも


どんな人にでも


つながっている


あの 右も左も分からない 土地の道も


いままで 出会った人たちが いま走っている道にも


学生時代の通っていた道にも


あの人が歩いている道にも


必ず


まちがいなく


つながっている


つながっている


この道を通って


色々な所に


自由に行ける体があることも


ありがたい


それは 本当にありがたく


考えることの出来る 頭と


見ることの出来る 目


聞くことの出来る 耳


掴むことの出来る 手


歩くことの出来る 足


これらが ある


当たり前のことが


ありがたい


やっぱり僕は


宗教とか


神様とか


信仰していませんが


どこかの 誰かが創った この世界は


自立した構造をもっている この世界は


よく出来ていて


自分がどうして


こういう意識で


ここにいるのか


いま この瞬間は なんなのか


偶然にしては 出来すぎていて


答えが分かってしまうような


ボロも 出ていない


考えても 考えても


よくわからない


そんなことを考えていると


いままでのことや これから僕がやることなんて


まったくの 無限小で


なんの 意味もないことかも知れないとも 思う


ですが


それでも やりたいことは やってみたい


残り時間が決まってしまっているなら


なおさら


欲しいもの 全部手にいれることが もし


出来ないのだとすれば


本当に 欲しいものを 見つけて


あとは


譲ってしまおう


わからない


わからないけれど


大事なことや


大切なことは


うっすらですが すこし


見えた気がした


たぶん 意味は


自分がどうして やりたいことを


やりたいのかと思うことも わからないというのが


根っこにあるので


そもそも 意味は すべてにおいて あまりないのかとも 思う


だとすれば


やっぱり 直感が最優先です


今日は


この旅の1日目であり


最終日の1日前でもある


群馬県


相変わらずの いつもの 普段の


日常風景ですが


これがまた


うれしい


飯塚くんの撮った画は


手 ぶれぶれ ですが


それでも いいか


R9230329

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.05

誰かが書いた 台本の様に

R9230306_3


長谷川さんのおやっさんのご飯は うまい


もともと 料理人だったそうで


さすが


ここは 千葉県


長谷川さん宅


寄らせてもらったというよりは


ほぼ 滞在にちかい


R9230317


ダックスも 仲良くしてくれました


すいません


ありがとうございます


本日は 出発します


Img_2181

去り際に


またこいよ



本当に お世話になりました


機会を変えて


また 来ます


長谷川さん宅を出て


東京に入ります


この辺りの道は


見慣れた道で


あの 遠い


何千キロも 離れた道を 走っていたことを


考えると


ずいぶん ここまで 走った


野を越え 山を超え


いくつもの 風景が 通り過ぎ


いくつもの 空気を纏って


ここまで 来た


少し前に


住んでいた 町を走ると


数ヶ月前の自分を思い出す


あの頃は 何を思って


この道を通っていたんだろうか


うまく 説明が できませんが


数ヶ月前のことが


かなり 昔の様に感じてしまう


不思議だ


いま こうして キーボードを打っている


この瞬間も


未来では いまの瞬間に何を思っていたか


そんなことを考える瞬間が あるんでしょうか


僕は 結構そう思う瞬間が多くて


あの頃の まだ先に どんなことが用意されていて


そのことを知らない 自分を


思い出して いまの現状を考える


そんなことが ほぼ習慣になっていて


おもしろい


やっぱり 様々な分岐点の


ほぼ 無限の選択肢の中から 選んだ道の先に


なにが待っていて


良いことや そうではないこと


色々 待っていると思うけれど


その 未知数の部分が おもしろい


普通に 生活をしているだけで


分岐点は たくさんある


選んだ道は


正解なのか 不正解なのか


それは よく考えるけれど


考えれば 考えるほど


そもそも 正解や不正解の基準は どこにあるのか


そこに 気づく


僕の場合は 基準があいまい


基準があいまいだということは


正解や不正解の二択は なんの意味もなくなる


だから 正解と不正解なんて あいまいな もので


選択肢を絞ろうとすることは あまりいいとは思えない


どっちにしても その時点では わからないと思う


僕は いままで


ほとんどのことを 直感をたよりに 選んで進んできました


それが いいのかどうかは わからないけれど


この旅の


いままでの 道中で 起こった


すべての ことは


直感をたよりに進んできたにも 関わらず


まるで 映画のシナリオの様に


ターニングポイントには


必ず


ポイントとなる 人や モノがあって


なにも ない日は なかった


実際は もっと


平々凡々な 日々がつづき


ある程度 惰性で進める日があると思っていたけれど


いまの時点では 惰性で進めた日なんて なくて


必ず 何か あった


絶対的な 時間が用意されていて


もっと 時間が あまってしまう


そんな気もしていましたが


それもなかった


旅に出る前に


一冊のノートをもって


思ったことや


感じたことを 綴っていこうとも


思っていましたが


いま現在では


一文字も書いていない


全てのログは


下書き無く


即興で 書いていたので


誤字雑字が多かったかもしれませんが


その時 思ったことを


そのまま 綴っていたので


それは それで いい


この旅が 終わったら 見返すことにします


こうして 考えている間にも


見慣れた景色は 過ぎ去っていき


本日は 埼玉県


ここでも 前職で お世話になった


鴻野さん宅へ


お世話になります


R9230321


たぶん この旅で


会った最年少


かわいいです


よって


手ぶれです




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.04

森羅万象

またまた 長谷川さん宅にて 起床


本日は 前のログに


登場した 三浦さんと


千葉県内を 走ります


Img_2032


三浦さんは かなり変わった視点でものを見る方で


車内では 論争


Img_2074

実は 僕と かなり年が離れているのに


僕と 同じくらいの視点で


話をしてくれる


ただ よく分からないこという 謎の人ですが


僕は 結構おもしろい


三浦さんは 来月 アメリカに行くそうなので


暇だったら 僕も行こうかと


本気で 考え中


千葉県を北上し


見慣れた景色になります


Img_2106

船橋のららぽーとにいきます


旅を通して 感じたことの ひとつですが


日本は 不要 必要問わず


モノが あふれている


都市部になれば なおさら


僕の 暮らしていた 東京とも なれば


困ることはない


ただ モノがありすぎるということは


当然 不要なモノも多い訳で


この 取捨選択が 難しい


旅に 持って行った 多くの 荷物たちは


自然に淘汰され


本当に 必要なモノと 不要なモノは


はっきり わかれる


たぶん 本当に 必要なモノ は少量で


それらは


それ意外の モノが多すぎて


分かりづらくなっている


そんなことを 思う


あとすこしで 終了と なりますが


徐々に 必要なモノの輪郭が見えつつあることが


思ったことの一つ


そんなことを思い


夜になります


Img_2169

千葉県で


前職で お世話になった方々が 迎えてくれました


左から
竹丸さん
佐野さん
長谷川さん
三浦さん


ここは 佐野さんの実家の 焼き肉やさんで


千葉県の 某所 玉屋さんというらしく


店内には 有名人のサインがあちらこちらに


にぎわっているだけあって うまい


ちなみに 長谷川さんが 前に来た時の


となりには 大泉洋さんが いたそうです


ありがたい


ありがたいなぁ


職を 辞めて いまのことをしている自分ですが


こうして 迎えてくれる 方々がいるということは


本当に うれしい


旅を通して 出会った方


旅をする前に 出会った方


色々な方に いままでの人生の中で 出会いましたが


やっぱり みんな おもしろい


多分 同じ 価値観を持っている人なんていなくて


すこしずつ みんな ズレがあって


違う 別のモノに触れることが出来ることが


おもしろく


一人でいることが 全てではない


やっぱり 他の人や ことが あって 成り立っているものなんですね


僕が この旅で進んだ道は


地球上からしてみれば ちっぽけな


小さな 小さな 道


ですが この小さな 道の中で


様々な ことがあった


色々考えさせる ことがあった


この旅を通して


60億の人口の中で


ほんのわずかな 人たちですが


知り合うことが 出来た


全ての事象は


因果性があって


おこりうるものか


それは わからないけれど


これは 僕が 行動をしなければ 出会わない 人たち


こういうことは


すべては


その先になにが


まっているか


おこるのか


わからない


これが おもしろい


そんなことを思って


走り出します


やっぱり


一人で呑む コーラは うまいですが


誰かと 話しながら


笑いながら


呑む コーラは


もっと うまい


Img_2034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.03

束の間

千葉県


寝すぎます


本日は 前職でお世話になった 長谷川さん宅


明日 長谷川さんと予定があるので


ここに お邪魔させてもらっています


今日は 走るのをやめ


束の間


これまでの 旅での写真と動画の整理


facebookには 写真をアップしましたが


この ログにも いずれ アップします


いままで 撮った写真や動画を


見る機会は あまりなかったので


良い機会に なりました


いずれ 溜まった思いや 気持ちは


文章として


ログに綴ります


本日は この辺で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.02

メトロに乗って


東京都 大田区


今朝は ここからスタート


ほぼ 幼なじみの 浅沼くん宅


泊めていただきました


Img_1887


彼とは 小学校のときからなので


浅沼くんとも 付き合いは長く 実は 3年以上前に


旅行に行くと 漠然と言っていたことを 思い出した


久しぶりの再会は やっぱり いい


お互いの小さい頃から知っている


普段 いつも顔を会わせることは ないけれど


そういう関係はいい


何度も いいますが 無事着くことが出来て


本当に よかった


久々の東京メトロ


東京メトロに乗るのは3ヶ月ぶりですが


なんだか ずいぶん 長く乗っていない


そんな 気がした


たぶん それは 時間とは 関係なく


ずいぶんと長い 距離を走ってきたせいでそう感じる


そんなところだと思う


メトロに揺られて


港区 新橋 汐留界隈


Img_1372


そこから 徒歩で向かいます


着きます


環状第二号線 新橋・虎ノ門地区 第二種 市街地 再開発事業Ⅲ街区


Img_1940

名前は


長い


でも


正式名称は だいたい こんな感じです


高さは250mを越える 大規模工事現場


ここに寄ったのは 理由があって


新タワー建設工事で お世話になった方々が多くいる


Img_1951

太田さんもそのひとり


顔を見に 寄り道させて頂きました


僕は 現在 いわゆる 工事関係者外 なので


当然ですが 現場には 入ることはできませんでしたが


みなさん 出てきてくれて


顔を見ることや


会話できたことが


よかった


あの頃


一丸となって 一つの目標に向かって頑張ってきた


多くの方々が


東京都内に散らばり


それぞれ みんな 違う フィールドで いま 頑張っている


特に 長い時間 一緒に仕事が出来た人と


仕事を通して 関係がなくなった いまでも


こうして 再会できる 喜びは ひとしお


一緒に 仕事をした人と 会うと


すこし前の いろいろな 記憶が


頭にこびりついた 映像が


いろいろな場面が


そのとき 会話した 内容が


蘇ります


こういうことが


過去にやったことが


どんなに 些細なことでも


どんなに 名誉あることでも


それらは もう過去の話で


どっぷり浸かっていても あまり意味はなく


次につながるとは 思えなくて


むしろ これから 先の 助走につながる


モチベーションとなる


そういうものなんだと思う


先ほども いいましたが


会わなくて半年も経っていないけれど


長い 長い 距離を走ってきた 僕にとっては


とても 久しぶりな 気がした


太田さんと そばを 食べ


僕が また 東京戻ってきた時は


みなさんで お酒でも 呑みますか


楽しい酒を


そんな 会話をしながら 別れ


昨日いった 押上のスカイツリーほど近く Cafe Soeur


またまた いきます


Img_1961

爽快


ヨーグルトアイスと桃のコンポートがうまいです


僕は


甘いものが好きなので


こういう感じなものが好きなので


都内で詳しい方がいれば


おしえてください


Cafe をでて


本日は 千葉方面へ向かいます


前職で お世話になった 長谷川さん宅へ向かって


ハンドルを握ります



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.01

千里の道も 一歩から

Img_1369


ここは 港区 汐留


昨日は テント設営ではなく


知り合いのいる ホテルに お世話になりました


いきなり 来てしまったのに


対応してもらい


申し訳なかったですが


ありがとう


出発前に


スタバに行き


時間はすこしでしたが


楽しい時間を過ごすことができ


無事にここまで たどり着いたことに


本当に


感謝


ありがとう もり


いま 東京に います


この違和感というか


不思議な感覚は まだ 残っていて


普段 会えなかった人たちといると


より


強く思う


スタバをでて


別れ


バイクに またがります


よし いくか


新大橋通りを 江戸川方面


住吉交差点にぶつかり


四つ目通りと押上方面に進みます


徐々に 目的地は顔を出し


自分の目で見たとき


こみ上げてくるモノが


心臓がいつもより 早く動くのがわかります


やっと


ようやく


長い 長い 道程でしたが


ここまで 辿り着くことができました


旅に出るまでは


僕は 確かに ここにいた


Img_1712
Img_1519



不安もありましたが


夢中だった 日々


いろいろな人と


いろいろな場面で


いろいろあったけれど


たのしかったな


たのしかったよなぁ


3年とすこしの 記憶が


走馬灯の様に


わいてきます


ここでも いろいろな人に出会い


いろいろなことを 経験することが出来た


これ以外でも そう


この旅でも そう


やっぱり 僕は 周りの人たちに 助けられながら


手を差し伸べられながら


こうして 生きている


やっぱり僕は 運がいい


幸運だ


自分で 選んだ道の先に


苦悩する 日々も あったけれど


それでも なんとか もがきながら


やってきたことは 後に いい思い出になる


昔のことも


そして これからも


相手も 気持ちもありますが


やっぱり 好きなら 好きと言った方がいい


想いは伝えた方がいい


それが やりたいのなら やりたいと言ったほうがいい


一念岩をも通す 気持ちがあれば


必ず うまくいく


そう思わないと おもしろくない


明日 朝 起きたときに 自分の心臓が 止まっている


そんなことだってありえる


僕は 後悔はしない様に 生きて行くことは 出来ないと思っていて


後悔はするものだと思う


後悔があるから より おもしろく


より 前を向いて進むことができると思う


安定という幻想にとらわれず


やっぱり バランスを取るためには


動き続けるしかない


人に手を差し伸べてもらい 起き上がることができますが


自分で 起き上がる ことをしていなければ


手を差し伸ばしてもらえない


本当に 人生が 折り返すこと無く


たった一度なら


本当に 一緒にいたいと思う人や モノや 環境は


絶対に あきらめない


そのくらいの気持ちで望んでも いいと思う



カフェで


前職でお世話になった


三浦さん と カフェのオーナーさん と その友人の方


僕も 数ヶ月前には 確かに ここにいた



Img_1881


少しだけ間が開きましたが


ずいぶん時間が経った


そんな 気がした


やっぱり 道はどこでも


どこにでも つながっている


深く考えなくても 色々な人の


労働の上に この世界は成り立っていて


人に 驚きや 感動を与えるのも


また 人のチカラ


よし


ゴールまで あとわずか


旅が終わった後も


自分の ジャンルで この いままで 受けた


大きな 大きな 恩は


少しずつですが 返していこう


やっぱり そこには 少し前の自分がいて


無我夢中だった 自分がいて


その頃に 負けない様に これから 進もう


たぶん 僕の方が 先に この世界から 消えますが


これからも よろしく


すべては 同じで


途方も無い 長い 長い 道程でも


先が 見えない 暗いトンネルの中でも


まずは 一歩


千里の道も 一歩から


踏み出さなければ 始まらない


そんなことを 考えながら これから 先に進みます


ありがとう


東京スカイツリー


Img_1863

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »