« 束の間 | トップページ | 誰かが書いた 台本の様に »

2012.08.04

森羅万象

またまた 長谷川さん宅にて 起床


本日は 前のログに


登場した 三浦さんと


千葉県内を 走ります


Img_2032


三浦さんは かなり変わった視点でものを見る方で


車内では 論争


Img_2074

実は 僕と かなり年が離れているのに


僕と 同じくらいの視点で


話をしてくれる


ただ よく分からないこという 謎の人ですが


僕は 結構おもしろい


三浦さんは 来月 アメリカに行くそうなので


暇だったら 僕も行こうかと


本気で 考え中


千葉県を北上し


見慣れた景色になります


Img_2106

船橋のららぽーとにいきます


旅を通して 感じたことの ひとつですが


日本は 不要 必要問わず


モノが あふれている


都市部になれば なおさら


僕の 暮らしていた 東京とも なれば


困ることはない


ただ モノがありすぎるということは


当然 不要なモノも多い訳で


この 取捨選択が 難しい


旅に 持って行った 多くの 荷物たちは


自然に淘汰され


本当に 必要なモノと 不要なモノは


はっきり わかれる


たぶん 本当に 必要なモノ は少量で


それらは


それ意外の モノが多すぎて


分かりづらくなっている


そんなことを 思う


あとすこしで 終了と なりますが


徐々に 必要なモノの輪郭が見えつつあることが


思ったことの一つ


そんなことを思い


夜になります


Img_2169

千葉県で


前職で お世話になった方々が 迎えてくれました


左から
竹丸さん
佐野さん
長谷川さん
三浦さん


ここは 佐野さんの実家の 焼き肉やさんで


千葉県の 某所 玉屋さんというらしく


店内には 有名人のサインがあちらこちらに


にぎわっているだけあって うまい


ちなみに 長谷川さんが 前に来た時の


となりには 大泉洋さんが いたそうです


ありがたい


ありがたいなぁ


職を 辞めて いまのことをしている自分ですが


こうして 迎えてくれる 方々がいるということは


本当に うれしい


旅を通して 出会った方


旅をする前に 出会った方


色々な方に いままでの人生の中で 出会いましたが


やっぱり みんな おもしろい


多分 同じ 価値観を持っている人なんていなくて


すこしずつ みんな ズレがあって


違う 別のモノに触れることが出来ることが


おもしろく


一人でいることが 全てではない


やっぱり 他の人や ことが あって 成り立っているものなんですね


僕が この旅で進んだ道は


地球上からしてみれば ちっぽけな


小さな 小さな 道


ですが この小さな 道の中で


様々な ことがあった


色々考えさせる ことがあった


この旅を通して


60億の人口の中で


ほんのわずかな 人たちですが


知り合うことが 出来た


全ての事象は


因果性があって


おこりうるものか


それは わからないけれど


これは 僕が 行動をしなければ 出会わない 人たち


こういうことは


すべては


その先になにが


まっているか


おこるのか


わからない


これが おもしろい


そんなことを思って


走り出します


やっぱり


一人で呑む コーラは うまいですが


誰かと 話しながら


笑いながら


呑む コーラは


もっと うまい


Img_2034

|

« 束の間 | トップページ | 誰かが書いた 台本の様に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626710/46587574

この記事へのトラックバック一覧です: 森羅万象:

« 束の間 | トップページ | 誰かが書いた 台本の様に »